【2020年】女性も使える!カミソリのサブスクリプション(定額制)サービス



本記事では、電動歯ブラシ、マスクと続き日用品のサブスクリプションサービス、

”カミソリ”のサブスクについてお話したいと思います。

男性の身だしなみに欠かせないことの一つとして、髭剃りが挙げられます。

また、女性のムダ毛処理にも使用することが可能です。

電気シェーバーと、カミソリで迷っているかたもいると思うので、電気シェーバーとカミソリの違いも少し触れながら進めて行こうと思います。



電気シェーバーとカミソリのメリット・デメリット

電気シェーバーとカミソリの大きな違いは、カットの仕方が異なり、刃が直接皮膚に触れるか、触れないかということになります。

出典:https://gillette.jp/ja-jp/shaving-tips/how-to-shave/wet-dry-shaving-comparison-razor-vs-electric

カミソリは一回のストロークで直接カットするのに対して、電気シェーバーは両側から挟み込むようにカットしているのがわかります。

このため、カミソリではきれいに仕上げることができるのです。

電気シェーバーのメリット・デメリット

メリット

・刃が直接皮膚に当たらないため皮膚トラブルが起きにくい

・どこでもカットすることができる

デメリット

価格が高い

・良いものを購入しないと綺麗に仕上げることができない

・手入れが必要

・こまめに手入れを行わないと菌が繁殖し、皮膚トラブルになることがある

カミソリのメリット・デメリット

メリット

・電気シェーバーより安価

・深剃りができるため綺麗に仕上げることができる

・手入れが楽

・細かいところまでカットする事ができる

デメリット

・肌に直接刃が当たるため皮膚トレブルが起きる可能性がある(肌荒れや出血など)

・替刃が高い

・替刃を買うことを忘れる

Galleido Shaving Member(カミソリ定期便)とは

”切れ味抜群のカミソリを、かなりお得に使い続ける事ができるサービス”

先程、カミソリのメリットとデメリットをお話しましたが、カミソリのデメリットとして、
切れ味の良いカミソリがなかなか見つからない替刃が高く忘れてしまう

このようなデメリットがあります。

このデメリットをすべて解決してくれるのです。



システムについて

基本的にはマスク、電動歯ブラシと同様のシステムになっております。

中でも、初回本体無料、送料込み、スキップ可能といったところは注目ポイントです

本体について

料金設定

このように、3つのプランから選択することができます。

また、カミソリの刃の交換時期は1〜2週間に1回程度が推奨されているため、一番安い
エコノミープランがおすすめかなと思います。

最後に

カミソリは日常的に使用するもののひとつでありますが、意外とこまめに交換していなかったり、切れ味が悪くなっても使い続けていたりするものです。

切れ味が悪くなったカミソリを使うことで皮膚トレブルのリスクが大きく上がります。

安価で快適な切れ味と、清潔に使用できる爽快感を味わえるこのサービスは非常におすすめだと思います。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする