【美脚】になるためのエクササイズ5選



皆さんは自分の脚に自信はありますか?

美脚と言っても人それぞれ理想の脚は違うと思います。

細いほうが良い、まっすぐした脚が良いなどと色々ありますね

また、脚がなかなか細くならない等のお悩みを抱えている方も多いと思います

ほかは痩せてるけど脚だけ太いまま、という状態の原因として骨盤が関与しているなどという話もありますが、詳細はわかりません。

まずは、基本的な有酸素運動などを行い、脂肪燃焼をうながしてあげた上で、

これから紹介するトレーニングを行いましょう

そうすれば、効率的に脚の筋肉を使えるようになるので、脚の脂肪燃焼を助けてくるかもしれません!



美脚になるためのメリットはなに?

1番は見た目が良くなることですね

その他にとても大事なメリットがあります。

太い細いは置いといて、まっすぐな脚というのは膝や股関節にとってとても重要なんです

どういうことかというと、

脚がまっすぐなことによって、関節への負担が減ります

つまり、将来的に変形していく確率が下がるのと、膝の痛みが出にくくなるのです

・膝の変形とはこちらの記事をお読みください

”変形性膝関節症”ってなに?

・膝の痛みについてはこちら

【膝に痛みがある方必見!!】あなたの膝はどこがどんな風に痛みますか?

いい脚と悪い脚の例

まずは医学的にみて、悪い足の例です

本日は2例あげてみました

左の画像はいわゆるO脚です。これは膝の内側に負担がかかってしまい、将来的に

膝が変形する可能性が高まってしまいます

右の画像はつま先が開いてしまっている脚です。これはスネの骨が外側に向いているような状態で、これも膝の内側にストレスが掛かります。膝に痛みが出てきやすいです

これは、もともとの骨格的な異常から来ている可能性ももちろんありますが、

ほとんどは習慣からくる筋力低下により、引き起こされています

つまり、治る可能性が高いということです



美脚になるために必要なトレーニング

トレーニングbefore after

まずはじめに、これから紹介するトレーニングを一週間行った例を紹介したいと思います

こんな感じです!

O脚気味であった足がまっすぐになっています

before afterを紹介した上で、トレーニングの紹介です!

1.脚の骨の位置を整えよう

膝を90°曲げた位置で踵を軸にして内側にひねりましょう

膝が内側に入らないようにしましょう

続いては、こちら

膝を90°曲げた状態で、つま先をやや内側に曲げます

➡そして、膝を少し曲げていきます

膝の裏の内側の筋が張ってくると正解です

2.骨の位置を整えたら筋トレしよう

中殿筋トレーニング

お尻の横の筋肉を鍛えるトレーニングです

やや後ろに蹴り上げるように上げるのがポイントです

内転筋トレーニング

内ももを鍛えるトレーニングです

太ももの外側ばかり使ってしまうくせがある方が多いのでとても大切です

Hip lift(お尻上げ・ブリッジ)

これもとても大切です

モモ裏を鍛えるトレーニングです

ポイントは、つま先を少し内側に向けることです

ちょっと応用編です

片足でのブリッジや、筋膜ローラーを使って行うのも、効果的です!

筋膜ローラーに関してはここで使用しているものは価格が高いものですが

安いものでも構わないのであると便利です

ちなみに、右のが正規品です。違いは、触れる部分の柔らかさです

まとめ

まっすぐ、綺麗な脚にするためには、太ももの骨と、スネの骨がバランス良く合わさっていないといけません

多くの場合は外側に向いているような形になっている人が多いです

そのためには

・まずは骨の位置関係を整える

・正しく筋トレを行う

この2点です!

私の考えるダイエットについてはまたの機会に

ご意見・ご質問等ございましたら問い合わせまでよろしくおねがいします



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする